「おみそ」感想文コンクール

平成25年度 第21回

平成25年度 第21回

平成25年度 第21回小学校家庭科副読本
『おみそ 調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「おみそはすばらしい!」
神奈川県厚木市立森の里小学校 6年 熊倉 そよか

朝ごはんの時に「おみそ汁」を飲むと、一日分の元気が体にしみわたるような感じがします。
寒い冬はもちろん、夏の暑い朝でも、あたたかいおみそ汁は元気の素です。
母に聞いたら、我が家のおみそ汁のだしは「にぼし」だそうです。  

私は、一年生の時、ドイツのベルリンに住んでいました。
ドイツでも、日本食は人気がありました。
和食のお店もたくさんありました。
とうふも、おしょう油も、おそばも、そして、おみそも、そんなに苦労しないで買うことができました。
また、これらはすべて、健康食品コーナーで取りあつかわれていました。
きっと健康に良いものは、世界中で共通して認められているのだと思います。  

厚木市の名物に「とん漬け」があります。
ぶた肉をおみそに漬けて焼くものです。
これは、とてもおいしいお肉の食べ方だと思います。  
遠くに住む親せきに「とん漬け」を送った時には、あまりのおいしさに、喜びのあまりおどってしまった動画がとどきました。  

おみそは、健康に良いのはもちろん、何かに加えることでおいしさも増すものだということで、世界にほこることのできる日本の代表食品のひとつだと思います。
私は、まだ自分でお料理はしませんが、大人になったらおいしいおみそ汁を作ることができるようになりたいです。
その時はやっぱり「にぼし」でだしをとるのだろうなと思います。