「おみそ」感想文コンクール

平成25年度 第21回

平成25年度 第21回

平成25年度 第21回小学校家庭科副読本
『おみそ 調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「祖母とみそ料理」
鹿児島県出水市立米ノ津東小学校 6年 小松原 未海

私は、祖父母の家で晩ご飯を食べることが多いです。

祖母が作ってくれる料理の中で、好きなのはぶたみそです。
白ご飯の上にのせて食べるとおいしくて幸せな気分になります。  
私は、あまり料理をしません。
だから、みそ料理といっても思いつくのは、みそ汁ぐらいです。
しかし、いつも料理をしている祖母に聞いてみると、よく作るみそ料理が八つほどすぐ出てきます。
みそが使われる料理が多いことにおどろきました。

祖母は、みそ料理の種類だけでなく、料理の知識を教えてくれました。
例えば、 「ひや汁のご飯は、麦ご飯にするんだよ」。
とか、 「とん汁は、しょうゆとみそで作ることもあるよ。」 などです。
 さすが長年料理をしている人、すごいなといつも思います。
私もこんなふうにみそのいろいろな調理方法だけでなく、知識も分かるようになりたいと思いました。
そのためには、やっぱり料理をたくさんすることが必要だと思います。
土・日で祖母にみそ料理を教えてもらうことにしました。   

私の母は、みそが苦手です。
みそ汁は、食べられるのですが、麦みそなどで麦の形が見えるとだめみたいです。
母は、祖母が作ってくれるみそ料理も残してしまうことがあります。
私は、それを見ておいしいのになと思います。
祖母は、 「いいよ、いいよ。大丈夫だから。」 と言いながら、少し悲しそうな顔をしている気がします。
だから私は、祖母が教えてくれる調理方法を応用して、麦の形をどうにか見えなくし、母にもおいしく食べてほしいと思っています。
そして、祖母にも 「こんなにおいしいみそ料理作れるよ。もし、つかれた時は、頼ってね。」 と言えるようにしたいです。