「おみそ」感想文コンクール

平成26年度 第22回

平成26年度 第22回

平成26年度 第22回小学校家庭科副読本
『おみそ 調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

みそ味大好き
埼玉県春日部市立宮川小学校 六年 木藤 貴俊

ぼくの家族は、みんな、みそ味が大好きです。
 母がつくるみそ汁で、好きな実は、なめこです。トゥルトゥルして、すぐに口に入るからです。ほかに、なすとピーマンのみそいためや、きゅうりのごまみそあえなどのみそ料理も好きです。
ぼくは、おばあちゃんの畑でできたとれたてのきゅうりを、氷水につけてから、みそをつけて食べるのが大好きです。きゅうりは、みずみずしくて冷たいので、おみそによくあいます。みその種類は多いけれど、生のきゅうりには、だし入り合わせみそがおいしいと思います。
母は、料理によって、みそを使い分けるといっています。
おとうさんの好きな、野菜いためには、とかすのがかんたんな液体のみそを使うそうです。
みそ汁に使うみそは、新潟のみそだそうです。初めて食べた時、大豆の味がするといっていました。こうじのつぶがはいっていてみそをとく時は、こしきを使うので、めんどうだといっています。でも、どうしても、このおみそがいいのだそうです。ぼくは、そのみそ汁を見たとき、今まで使っていたみそより白っぽく感じました。食べてみたら、ほんとうに大豆の味がして、とてもおいしかったです。
「おみそ」の本を読んで、みそは、歴史があって、つくるのにたくさんの手間と、時間と年月がかかっていることを知りました。
今までは、みそ汁を何も考えず、なんとなく食べていました。でも、みそを勉強してからは、(深い深い歴史があることを考えながらみそ汁やみそ料理を味わって、食べよう!)と思いました。