美ソ・ビューティーキャンペーン Topics & Information

2014.11.15

miso beauty cafe に新規メニュー


「鮭と長芋のみそソースグラタン」

ビタミンB1、ビタミンC、カルシウム、カリウム、ムチン(ネバネバ成分)などが豊富で、滋養強壮効果があると知られている長芋と、アスタキサンチンやコラーゲン豊富な鮭の組み合わせは、まさにアンチエイジングの味方です。
2014.10.15

みそ汁でコレステロールを低下!

血中の悪玉コレステロール量が増えると高脂血症となり、心筋梗塞など心臓疾患のリスクが高くなりますが、大豆を常食する地域の人々は、血中コレステロールが低いことが知られています。
 大豆には多くの有効成分があり、なかでも大豆油に含まれる不飽和脂肪酸であるリノール酸と大豆レシチンには、コレステロールの上昇を抑える効果があります。
 大豆は、ざっと数えただけでも7つのコレステロール低下成分を含んでおり、大豆の主成分であるたんぱく質にも、コレステロールを抑制する成分のペプチドなどが豊富に含まれています。みそに加工された場合も作用は同じです。

misobute
2014.09.15

みそ汁で乳がん予防!

「みそ汁の摂取が多いほど乳がんになりにくい」という調査結果が2003年に発表されました。発表したのは、厚生労働省の研究班(主任研究者・津金昌一郎国立がんセンター研究所・がん予防研究部長)。
研究班では4県14市町村に居住する40〜59歳の女性21,852人を対象に、みそ汁や豆腐、納豆などの大豆製品の摂取量と乳がんの発生率の関係を10年間にわたって追跡し、疫学的に調査を行いました。その結果、「みそ汁1日1杯以下」の人を1とすると、「1日2杯」の人の発生率は0.74、「1日3杯以上」の人の発生率は0.6の数値であることがわかりました。
この結果、乳がんの発生率は「みそ汁1日1杯以下」の人よりも、「1日2杯」の人で26%、「1日3杯以上」の人では40%も減少していることがわかりました。
2014.09.15

miso beauty cafe に新規メニュー

 
野菜たっぷり、あっさり麺

口当たりはあっさりながら、ごまやみそ、野菜をたっぷり使って元気を補給しましょう。 「ごまみそだれ」は、肌力をアップします。
2014.08.15

みそ汁で骨粗鬆症予防!

みそ汁は、みそそのものに含まれるカルシウムだけでなく、だしを取る煮干しやジャコ、けずり節、具に利用される豆腐やわかめ、野菜類にもカルシウムが含まれます。
下の表は、財団法人癌研究会付属病院婦人科の陳瑞東医長らが作成したみそ汁の食品成分。
豆腐、小松菜、わかめなどを具にして、ジャコでだしをとったみそ汁は、1杯で約233mgものカルシウムが含まれます。
「みそ汁は、野菜の食物繊維やビタミンも同時に摂取できます。
みそ汁のある食卓を定着させることこそ、骨粗鬆症や生活習慣病を防ぐことにつながります」と陳医長は述べています。

misohyo
2014.08.15

miso beauty cafe に新規メニュー

 
トマト、モッツァレラ、ほたてのみそパスタ

隠し味のみそが味わいを深めます。さらに旬のトマトやバジル、レモンの香りで、サッパリ感が楽しめますから、食欲がない時にどうぞ。
2014.07.15

日本酒を楽しむおつまみを提供!

6月21日(土)東京の池袋にあるサンシャインシティで開催された「第8回日本酒フェア」にみそ健康づくり委員会が恒例のおつまみブースを出展しました。提供したのは、きゅうり1本と米・豆・麦のみそ3種のセットで、1皿100円。
この「日本酒フェア」は、「全国新酒鑑評会」の入賞酒約440点を飲み比べられる「公開きき酒会」と同時開催で、今年は来場者数が約6,500人。
日本酒を次々と試飲して歩いている参加者からは、「みそは究極の酒の肴だね」「のどが渇いていたので、きゅうりがおいしい」と大好評。米みそ、豆みそ、麦みそのそれぞれの個性も味わえました。
2014.07.15

miso beauty cafe に新規メニュー

 
梅みそ風味のサラダライス  

梅干しとみそで味付けした混ぜご飯は、汗で失われたミネラルと疲労感を低減するビタミンB、Cが摂れます。旬のしらす干しや夏野菜をたくさん食べて、肌に潤いを与え、抗酸化生活を!
2014.06.15

みそを摂れば「医者要らず」

みそ汁が、庶民の味となって定着したのは江戸時代のこと。人間のカラダに必要なたんぱく質、ミネラル、ビタミン、食物繊維などが含まれ、発酵食品でもあるため、当時「みそを食べれば医者要らず」と言われたようです。
当時の食の解説書である『本朝食鑑』の「味噌」の項には、「腹中をくつろげ、血を活かし、百薬の毒を排出する。胃に入って消化を助け、元気を運び、血の巡りを良くする。痛みを鎮めて、よく食欲をひきだしてくれる。嘔吐をおさえ、腹下しを止める。また髪を黒くし、皮膚を潤す」とあります。
2014.06.15

miso beauty cafe に新規メニュー


鶏そぼろの行楽ご飯

「鶏そぼろ」を作り置きすれば、混ぜご飯が簡単に造れます。
お弁当にしても、おもてなし料理としても豪華な一品です。
お弁当にする時はご飯を酢飯にしてもよいでしょう。
「鶏そぼろ」は多く作って冷凍しておくのもお勧めです。
みそや鶏肉には良質なたんぱく質が豊富です。
良質なたんぱく質は免疫力をアップさせ、丈夫な血管を作ります。
丈夫な血管は若さのバロメーター。みそ味鶏そぼろで丈夫な血管を作りましょう!
2014.05.15

みそに美白効果があることを確認


農林水産省食品総合研究所の新本洋士主任研究官(当時)によると、「みそには、美白効果の基礎となるメラニン合成抑制作用がある」という結果が出たそうです。
それは、「みそには遊離リノール酸が含まれていて、これがメラニン合成に働くチロシナーゼの生成を抑制するからです。
ですから、毎日みそを摂取していれば、皮膚のメラノサイトに遊離リノール酸を補い、メラニンの合成を抑制できるという仮説への期待がもたれます」とのこと。
紫外線が強くなるこれからの季節。
毎日みそを摂って美肌を目指しましょう。
2014.05.15

miso beauty cafe に新規メニュー


春キャベツとほたてのみそクリームチーズパスタ

みそや豆乳には良質なたんぱく質とビタミンEの他、抗酸化作用のあるイソフラボンも含まれています。また、ほたてやチーズには、紫外線対策にもなる良質なたんぱく質やビタミン、ミネラルが含まれています。それらを旬の春野菜とともにいただくことで、美肌効果が期待できます。
2014.04.15

具だくさんみそ汁で、さらに健康力アップ!


塩分を気にして、みそ汁を敬遠するという声を聞きます。しかし、みそ汁1杯の塩分量は約1.2gですから、厚生労働省が発表した1日の塩分摂取目標量である「男性9g未満、女性7.5g未満」と比較しても心配するほどの量ではありません。

それでも気になるなら、具だくさんにすることで汁の量を減らし、食物繊維量を増やす工夫を。特にカリウムを多く含むほうれん草、春菊、いも類などを入れると、塩分の体内吸収を抑えますし、食物繊維の多いわかめ、ごぼう、こんにゃくなども、塩分を体外に排出してくれます。
 
2014.04.15

miso beauty cafe に新規メニュー


miso beauty cafe に新規メニュー「えびとアボカドのみそマヨサラダ」追加いたしました。

森のバターともいわれるアボカドは、オメガ9であるオレイン酸やリノール酸、リノレン酸に加え、ビタミンやミネラルが豊富で、コエンザイムQ10も含みます。からだの中からさらなる美しさを目指しましょう。
2014.03.15

みそ汁でマラソンをサポートします!


2月23日(日)、3万6000人のランナーが都心を駆け抜けた東京マラソン。その3日前から東京ビッグサイトでは、メンバーカード(ゼッケン)を受け取りに来たランナーやその家族向けに「東京マラソンEXPO2014」が開かれました。

会場には、スポーツウエアや栄養飲料メーカーなどとともに、みそ健康づくり委員会のブースが並びました。

ブースの中では、大妻女子大学家政学部教授の川口美喜子先生が考案したマラソンランナーのコンディションに配慮した「トマトとキャベツみそ汁」が振る舞われ大盛況。東京マラソンが成功したのもみそ汁のおかげ?!
2014.03.15

miso beauty cafe に新規メニュー


miso beauty cafe に新規メニュー「トマトとキャベツみそ汁」追加いたしました。

トマトとキャベツ、豆みそはアミノ酸を多く含みます。そのアミノ酸の中に筋肉のエネルギー源となるBCAAが含まれ、筋疲労改善に役立ちます。
また、みその乳酸菌が胃腸を整えてくれます。

過去のトピックス>>

美ソ・ビューティーキャンペーン Topics & Information

キャンペーン名称

美ソ・ビューティーキャンペーン

目的

日本古来の伝統食品である味噌。全国津々浦々の家庭で、その土地の大豆と塩と麹を使って作られ、人々の健康を支え続けてきた健康食品。この味噌に含まれる様々な栄養成分の中から特に、「イソフラボン」と「酵素」に注目し、その美容面での働きを世に広く啓発することで、全世界の女性にも、味噌という食材に親しんでもらうことを目的とします。
その結果として、新たな味噌需要を喚起することを狙います。

コンセプト・キーワード

  • 「みそ」が「美ソ」になりました。
  • カラダにキレイ、それが「美ソ」。

キャンペーン概要詳細

美ソ・ビューティーキャンペーン推進委員会

健康業界の関連団体及び企業の有志により編成され、2011年9月に発足。
新たな味噌の需要喚起のための取り組み「美ソ・ビューティーキャンペーン」を企画運営しています。
最終ゴールを、「味噌の普及を通じた、日本国民のセルフメディケーション支援」に設定し、活動を展開してまいります。

構成企業・団体:(2011年9月28日現在)