「おみそ」感想文コンクール

平成15年度 第11回

平成15年度 第11回

平成15年度 第11回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「日本一のみそしるをありがとう」
春日部市立豊春小学校 六年 角國綾

私の自まんは、おばあちゃんのつくった、みそしるです。

おばあちゃんは、私が大人になってからおしえてあげるよ。と言っただけで、それいらい、何回も聞きましたが、おしえてくれません。

私は、家でみそしるをつくってみましたが、おばあちゃんのようにはいきません。おばあちゃんのみそしるのあじを、舌におぼえさせましたが、同じあじがでないので、くやしかったです。なんとかして、なんとかして、同じあじを見つけようと努力しましたが、おばあちゃんのように、少し甘辛いやさしい風味がでませんでした。どうして、なんで。というあせりの気持ちが、私の心に表れました。おばあちゃんはいつも同じ表情、気持ちでつくっているのに。

そんなふうに思って一ヶ月がたとうとしていました。おばあちゃん家に行くと、いつもと同じ顔のおばあちゃんが出てきました。おばあちゃんは、いつもよゆうなのか。そう思った日の夜、私はおばあちゃんの本当の心の声を聞いたような気がしました。
「お父さん、明日綾と寿子大丈夫かな。明日、おくれないかな。」
と、すごく心配する声が聞こえました。

この時私は、すべてが分かりました。

おばあちゃんのみそしるが、なぞの力をひめたみそしるだったのです。おばあちゃんは食べてもらうがわのことを考えて、毎日同じ量を同じあじを出す食べ物をそろえる努力。おいしく食べてもらうためにつくられたかのような指。私は、こんなかんたんなことなんだ。なら、おばあちゃんたちが命つきるまで、これまでしてもらったことを倍にしてかえしてあげたいです。

おばあちゃん。命を大事にね。命は、一つ。みそしるのあじも一つ。