「おみそ」感想文コンクール

平成15年度 第11回

平成15年度 第11回

平成15年度 第11回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

特別最優秀賞

「miso・ミソ・みそパーティー」
大野町立萩野小学校 六年 大澤千晶

「今日は『みそパーティー』だよ。」
学校から帰ってきたばかりの私をつかまえて、お母さんはそう言いました。
「えっ?『みそパーティー』?」

 私は何が何だか、さっぱりわかりませんでしたが、台所へ行って、ギンギンの鮭を見てピンときました。
「あっ、私の大好きな『鮭のちゃんちゃん焼き』に『石狩鍋』?」
と聞くと、
「ピンポーンおまけに、お父さんの大好きな『みそおでん』もサービスしちゃいます。」
と母はニコニコ顔で言いました。

鮭は、根室のおじさんから届いた物でした。去年までは、根室のおばあちゃんが送ってくれていたのですが、今年の四月に、おばあちゃんは亡くなってしまいました。お母さんは 「もうこれからは、ピチピチしたサンマや、ギンギンの鮭は食べられないね」
と話していましたが、九月にはサンマが、そして、十月には鮭が送られてきたのです。

早速『みそ』の出番です。私も手伝って『みそパーティー』の準備に取りかかりました。夜になって、お父さんが帰ってきて喜んで食べたのは、言うまでもありません。

もう一つ『デザート』に『みそ蒸しパン』も作りました。これは、去年も学校で配られた『おみそ』の本にのっていたものです。これも『みそ』の風味が出て、とてもおいしい蒸しパンです。『みそパン』が大好きだったおばあちゃんにもおそなえしました。

『みそ』は、私達をとても幸せにしてくれ、そして、食欲増進の助けをし、健康にも役立っています。

日本古来の伝統の味『みそ』を、もっともっといろいろな料理に使って食べて、心も体も健康でいたいと思います。

「ごちそう様でした。」