「おみそ」感想文コンクール

平成15年度 第11回

平成15年度 第11回

平成15年度 第11回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

最優秀賞

「みそは優れもの」
和歌山市立和歌浦小学校 六年 横町加奈

私は、みそと聞いて、まず、みそしるを思い出す。何年か前に、みそしるを飲んでいると、おわんの底に白いつぶつぶが残っていたので、母に聞くと、 「みそは、大豆からできているから、それは大豆のかすだよ。」
と、教えてくれた。その時は形も色も味もちがう大豆から、みそができるなんて不思議だなと思った。

この間、家庭科の授業で配られた本の中に、みそはがんの予防の効果があり、一日一回食べると良いということが書かれていた。私はみそはおいしいだけでなく、体にもいいことを知り、おどろいた。

今日、新聞を読んでいて、偶然、「西洋料理にも―みそ―」という見出しの記事を見つけた。最近、ホテルなどのシェフたちの多くが、フランス料理の隠し味として、みそを使っているという内容だった。みそは、ソースなどにコク、深み、香りをあたえるという理由からだ。みそは、ヨーロッパやアメリカでも、とうふなどと同じく、健康に良いという理由で食べられるようになってきた、とも書かれていた。

それまで私は、みそイコール日本の料理というイメージを強く持っていたが、この記事を読んで、みそは外国の料理にも合うということを知って万能な調味料でもあるんだなぁと思った。

私は、みそはおいしいだけでなく、体にもよくて、いろいろな料理の調味料にもなるということを知り、「みそって優れものなんだなぁ。」と、思った。