「おみそ」感想文コンクール

平成15年度 第11回

平成15年度 第11回

平成15年度 第11回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

最優秀賞

「無題」
姫路市立御国野小学校 六年 結城美和

「困った時のみそ汁だのみ。」
そう言って、いつもお母さんは、夕食の一品にみそ汁を作ります。具には、大根・玉ねぎ・人参・じゃがいも・かぼちゃ・ごぼう・しめじ・もやし・揚げ・ちくわ・とうふ・ねぎなど、ある物を何でもほうりこんでいきます。我が家のみそ汁は、いつも具だくさんです。

「これ一杯で、一日三十品目の半分は、クリアやで。」
と、お母さんは笑って言います。

確かにそうだけど、毎日みそ汁を作らなくてもいいやんと、正直なところ思っていました。でも、学校でもらった『おみそ』という副読本を読んで、みそを食べると健康にいいことがたくさんあることを知りました。腸をきれいにしてくれるし、骨も丈夫にしてくれます。老化やガン予防にもなります。こんないい事だらけのみそを、食べないわけにはいかなくなりました。

私がまだ小さい時、よく熱を出していた友達がいたそうです。その友達のお母さんが、私に向かって、
「美和ちゃんがいつも元気なのは、毎日みそ汁とご飯を食べているからかしら。」
と、うらやましそうに話していたことがあるそうです。

やっぱり、おみそってすごいパワーがあったんだと実感しました。

今では、外国の人にもみその健康効果が注目されていることを知り、びっくりしました。

そして、世界にも自慢できるみその文化を、私たちが伝えていかなくてはいけないと思いました。