「おみそ」感想文コンクール

平成16年度 第12回

平成16年度 第12回

平成16年度 第12回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

最優秀賞

「おみそ」
岩瀬郡天栄村立大里小学校 六年 和田祐加里

私はこの本を読んで、「すごいなあ」と思ったことがあります。

それは、みそはみそでも、いろいろなみそがあるということです。豆みそ、麦みそ、米みそなど、材料によっても違うことがわかりました。味も一種類と思っていたけれど、甘口、辛口などがあるということを、初めて知りました。

私はみその味は、だしのもとの量で変わると思っていました。みそ自身が、味が違うとは、思っていませんでした。

さっそく、私の家ではどんなみそを使っているのかを、調べてみました。入れ物を見ると、米みそと書いてありました。今まで特に注目してみたことはありませんでした。大豆に米こうじを加えて、作ってあるようです。

私の家では、おばあちゃんが一番、おみそ汁が好きです。
「何でいつもみそ汁を飲んでいるの。」 と聞くと、 「体にいいからだよ。」と教えてくれました。この本にも「みそと健康」のページに、みその働きが書いてありました。腸の掃除をしてくれたり、骨粗しょう症の予防をしたり、老化を防いだりします。がんの予防までするとわかり、おみそは食べなくてはいけないなと思いました。たしかに、私のおばあちゃんは七十五歳ですが、とても元気です。畑仕事をして、おいしい野菜をたくさん食べさせてくれます。おみそを、たくさんとっているからかもしれません。

今まで私は、みそ汁を出されても食べなかったり、残してしまったりしていました。味が嫌いなわけではないのですが、おいしいと思って食べることは、あまりありませんでした。毎日食卓に出されるので、あきてしまっていたのかもしれません。

そんな時、この本の「みそ料理お国自慢」を読んで、「これだ。」と思いました。そこには、みそを使った料理が、写真入りで載っていました。その土地で取れるものと組み合わせてあり、いろいろ食べ方を工夫しているなあと思いました。こんな風にいろんな料理に使われると、私のようにあまりみそ汁を飲まない子供も、みそをとることができると思いました。

みそは日本の自慢できる健康食品なので、いろんな料理に使われるといいなと思います。

母に話をすると、 「じゃあ、今度からいろんなみそ料理に挑戦してみようかな」
と言っていました。とても楽しみです。

この本を読んで、私はみそについて、たくさんの興味を持つことができました。これから、みそをたくさんとって、健康な体を家族や友達と、作っていきたいと思います。