「おみそ」感想文コンクール

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

文部科学大臣賞

「おばあちゃんのぬくもり」
府中市立久佐小学校 六年 小川奈那

みそを使った料理には、いろいろなものがあります。みそ汁や野菜のみそいため、田楽みそ等と、とてもおいしい料理ばかりです。私が読んだこの「おみそ」の本の中にも、ひと工夫凝らしたものや郷土色豊かなもの等、みそ料理がたくさん紹介されていました。

それらの料理の中でも、私は「みそ汁」についていろいろ感じました。

わが家では、朝起きるといつもおばあちゃんがみそ汁を作ってくれています。みそ汁の香りで目が覚めます。そのみそ汁はとてもおいしく、「これぞ、おばあちゃんの味」という感じです。どうして、こんなにおいしいみそ汁を毎日おばあちゃんが作っているかというと、それは、今年なくなったおじいちゃんのためなのです。おじいちゃんは、みそ汁が大好きだったので、おばあちゃんはおじいちゃんのことを思い、毎日心をこめて作っているのだと思います。

おばあちゃんのみそ汁を一口飲むと、体の中にぐっとしみこんで、おばあちゃんのぬくもりを感じます。世界で一番のみそ汁と言っていいと思います。 この前、私は朝早く起きて、おばあちゃんに手伝ってもらい、みそ汁を作りました。

出来上がって、おなべのふたを開けると、モクモクッと湯気があがりました。おばあちゃんの味にはかなわないけれど、自分で作ったみそ汁も、とてもおいしかったです。

私の家のみそ汁は、いつも変わらない味で、一口飲むと、優しかったおじいちゃんのこと、姉とけんかしたことなど、これまでのいろんなことを思い出します。そんなみそ汁に、私は感謝、感謝です。

これからも、みそ汁をはじめ、いろいろなみそ料理を作ったり食べたりして、もっとみそのことを知りたいと思います。もちろん、みそ汁をいつも作ってくれるおばあちゃんにも、もっと長生きをしてもらいたいです。