「おみそ」感想文コンクール

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「二つの思い出」
和歌山市立和歌浦小学校 五年 山本楓花

私は二つの思い出があります。それは、私のお母さんのおみそ汁の事と、自分で作ったおみそ汁の事です。まず一つ目のお母さんのおみそ汁の事を話します。

私のお母さんのおみその味は、世界に一つしかないおみその味です。いつも、朝ご飯、夜ご飯に出してくれて、わかめなどがたくさんはいっていてとてもおいしいです。私もわかめが大好きなので、おみそ汁の時は、
「わかめいっぱい入れて。」
と言ったら、たっくさんいれてくれます。弟は、ねぎが好きなのでねぎをいれています。でも私は、絶対わかめをいれてもらいます。かんたんに言うと、わかめはだれにもゆずれないという事です。

もう一つを話します。私のお母さんが仕事から帰ってくるとつかれたように、
「ただいま~。」
と言い、ソファーにバタンとすわってそのままねころんで、ねてしまいました。その時、私は、おみそ汁を作ってあげようと思い、わかめなどの材料を集め、作っていきました。その時に、一番むずかしかったのは、火かげんと、みそをとくのがむずかしかったです。しかも、初めての料理だったので、きんちょうみたいな気持ちになりました。やっとできたとき、心の中で「ヤッタ!」と思い、早くお母さんに言いたくなり、ごはんもたいて、お茶わんなどにいれ、つくえの上において、お母さんをおこすと、 「うわっ、これ楓花全部作ったん? すごいなあ。」
と言われ、とてもうれしかったです。食べてもらうと、おいしいと言われホッとしました。そして、そこから料理を作る自信があります。野菜の皮をむくのは、少し無理だけど、練習してうまくなりたいです。

これからも、いろいろがんばって料理を作っていきたいです。