「おみそ」感想文コンクール

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「みそで長生き、みそも長生き」
茅ケ崎市立柳島小学校 六年 浅岡美咲

みそは、すごく昔から食べられてきた、長生きな食品。それにみそを食べてたくさんな人が長生きしている。みそはとても体に良い。他の国にもみそは行っていて、とても有名な食品。みそは、本当に使い道がある。外国では、みそしるは「ミソ・スープ」と言われている。もっとたくさんの国にみそが知られて「おいしい」って言葉を聞きたいな。知らない人がいたら、こんなにおいしいんだから味見してほしい。だから、日本の伝統的なものをもっともっと世界に知ってもらって、みそを有名で誰もが知っているようにしてみたいと思う。

おみそしるは、一つ一つ味がちがって、家庭、その人の家の味がする。よく分からないけど、私のおばあちゃんが作るおみそしるは、味がうすくて色は白っぽい。具は、いつもちがって、さらさらしていてそぼくなかんじがする。うちのおみそしるは、お父さんが作ると辛くて、ちょっとドロドロしていて、やさいが入っていると少しとけている。お父さんの具は、よくじゃがいもかだいこんのおみそしる。きっとお父さんは、いつもつかれているから、辛いのが好みで作っていて、自分では辛いと思ってないみたい。お母さんがみそしるを作ると、みその色は茶色で、ちょっととろとろしているしさらさらもしている。スーッて飲むと、ひくいズズズッて音がする。味は、ちょうどよくって、ごはんとおかずによくあう。って私は思う。

お母さんのみそしるの具は、いっつも何故かかぎってわかめが入っている。人が作るたびにみそ、みそしるは味がころころ変わる。私は、一人でおみそしるを作ったことはないけど、やっぱりちがう味がして、食べた人は何か思うんだろうな。私のように。色んな人がみそしるで何かを感じてほしいなと思う。人間みたいに同じ人がいないように、同じ味がしないと思う。私も今度、家族、一緒に住んでるおじいちゃん、おばあちゃんにみそしるを作って持っていってあげよう。みそで長生きしてほしいから。みそでもっと家族のきずなを深めよう。