「おみそ」感想文コンクール

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「焼きみそおにぎり作り」
南津軽郡碇ケ関村立碇ケ関小学校 六年 平山千尋

私は、この『おみそ』の本を読んで、私もなにか、みそ料理を作ってみたいと、頭の中で強く思いました。考えて、考えて、考えついたのは、亡くなったお父さんのお母さんがよく作ってくれた、焼きみそおにぎりでした。その作り方と味を思い出し、自分で作ってみることにしました。

まず始めに、おにぎりをにぎります。すいはんきをあけると、お米のいいかおりがします。そのごはんを手に取り、うめぼしをいれて、強く、かたくにぎりました。

次は、にぎったおにぎりを焼きます。ガスコンロにあみをわたして、おにぎりを置き、火をつけます。おにぎりに小麦色の色がついてきました。台所中に、焼きおにぎりのいいかおりが広がっていきます。そのかおりにさそわれたかのように、お父さんと弟たちが入ってきました。

そして、次は、おにぎりにみそをつけます。焼いたばかりですごくあつく、手が真っ赤になるほどでした。けっきょく、みそをつけるのはお母さんに手伝ってもらいました。そしてもう一度焼きました。こげがびみょうについていて、とてもおいしそうです。火かげんは、お父さんに教えてもらいました。お米とみそのいいかおりがします。そこで、焼きみそおにぎりをお皿にもりました。これが、亡くなったお父さんのお母さんじきでんの、焼きみそおにぎりの作り方です。食べてみると、うめぼしのすっぱさがまったくなく、お米のカリカリとした食感と、みそのまったりとした味が、口の中いっぱいに広がりました。とてもなつかしい味がしました。これは夏バテにいいかもと私は思いました。自分で作ったからかもしれないけど、とてもおいしく感じました。

『おみそ』の本にも、いろいろなみそ料理がたくさんのっています。それをさんこうにし、今度は家族全員でみそ料理を作りたいと私は思います。