「おみそ」感想文コンクール

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「おみその勉強をして」
姫路市立白浜小学校 五年 田中千穂

今日、私たちは家庭科でおみその勉強をして、初めて知った事がいくつかあります。

私の家では、毎日夜にかならず、おみそしるやみそを使った料理がばんごはんにでます。

毎日食べているのに、私はみそが、どれだけすごいか知りませんでした。

まず一つめに、おみそしるで栄養がとれるという事を知りました。
みそは体をつくるもとになるなんてすごいですね。
今まで「たかがみそ」と思っていたのに、みそは、生ぐささを消したり、こくがでるしおいしいかおりもでて、食品を長持ちさせたりなど、いろいろな料理に使ってもおいしくなるなんて、すごいと思いました。

二つめに、みそは昔、貴族が食べた高級品だったなんて…。
しかも、みそは税金にもなり、栄養の補給や消毒、殺菌など、薬としても使われていたんですね! すごい!

三つめは、あの徳川家康はその時代の平均寿命が三七から三八才だったころ、七五才まで生きたそうですね。

その長生きのりゆうは、毎日大根などが入ったみそしるを食べていたんですね!
つまりみそは、健康にもいいし長生きもできるのですね~。

四つめにみそは、とても健康にいいんですね!
大豆にふくまれる食物せんいは、腸のそうじをしてくれるし、骨そしょう症の予防にもなり、その他にも老化を防いだり、がんの予防にもなるそうですね~!

私たちは、これから自然学校に行きますが、そこでもおいしいみそしるを作って、健康に気をつけていきたいと思います。