「おみそ」感想文コンクール

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回

平成17年度 第13回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「おみそについて」
宇都宮市立篠井小学校 五年 木下優美

この本を読むまで、私は、みその種類や作り方、健康にいいという事を何も知りませんでした。 今までみそしるを作ってもらって食べていても、母がどんな種類のみそを使っているのかなんて、考えた事がありませんでした。

でも、この本を読んで興味がわき、母に聞いてみました。すると、うちでは、だいずに米こうじを加えた米みそを使っていると分かりました。私は、母の夕食の手伝いをしながら、みそしる作りにちょうせんしてみました。その日は、なめこやしめじ、ひらたけ、まいたけがたくさん入ったきのこじるでした。きのこはみそととても相性がよくて、とてもおいしくできました。今度は、みそしるだけじゃなく、いろんなみそ料理も作ってみようと思います。

去年の冬に母は、初めて手作りみそを作りました。まだ、じゅくせい中なので食べられませんが、どんなみそが出来上がるのか楽しみです。母も、初めてみそ作りをして、大変だったけど、みそができるまでが分かって、勉強になったと言っていました。今度は、私も母といっしょにみそ作りをやってみたいと思います。 みそは、日本だけのものだと思っていましたが、外国でもみそを食べているのだと知り、少しおどろきました。それに、歴史の古さにもおどろきました。奈良時代では高級品で、それに、税の一つとしておさめられていて、食べる以外にも薬として使われ方がいろいろあるのだなと思いました。

そして、一番おどろいたのは、こんなにみそが体にいいという事です。腸のそうじをしたり、骨をじょうぶにしたり、がんの予防にもなるのです。わたしは、これからも毎日みそしるを、食べようと思います。