「おみそ」感想文コンクール

平成18年度 第14回

平成18年度 第14回

平成18年度 第14回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「おみその本を読んで」
佐賀県唐津市立呼子小学校 六年 堀川志穂

私はこの本を読んで、おみその事を勉強しました。そして学校でおみそ汁を作りました。それがとても上手にできたので、私は家でもおみそ汁を作ってみました。

みそは麦みその甘口で、実は家族みんなが好きなわかめと、ねぎです。出来上がって、父と母に味のしん査をしてもらいました。すると二人とも、

「子どもにしては、おいしくできとる。」

と言ってくれたので、とても嬉しくなり、それから毎日のようにおみそ汁を作っています。これからも、いろんな実を入れて、家族が食べたことのないようなおみそ汁を作りたいと思います。

私がこの本を読んで興味を持った事は、おみそで、みそスープ、みそマヨネーズ・サラダとおにぎりなど、いろいろな料理が作れるという事です。そしてその中でも一番おいしそうだったのが、おにぎりとみそむしパンでした。私は簡単なおにぎりを自分で作って食べてみました。私は本を見て作り、味わって味わって食べました。おみそがご飯の一つぶ一つぶにしみこんで、とてもおいしかったです。今度はみそむしパンを作ってみたいと思っています。

私は、おいしいおみそを作ってくれている人達に感謝しています。そして私もいろいろなみそ料理を作って、たくさんの人達に食べてもらいたいです。将来は、おみそ料理を百種類くらい作れる、みそ料理のプロになってもいいなと思っています。そして今度は、私の料理がこの本にのったらうれしいなと思います。