「おみそ」感想文コンクール

平成18年度 第14回

平成18年度 第14回

平成18年度 第14回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「全部自分達で」
島根県斐川町立出東小学校 五年 井上歩美

四年生の時、大豆を植えました。先生が、

「しゅうかくしたら、大豆料理を作ろうと思います。」

と言われて、とても楽しみになりました。そして、一月の終わりに、豆ふとおみそを作ると決まった時は、とてもうれしくて、飛びはねそうになりました。 そして、大豆をしゅうかくし、実を落として、まちにまった一月がやってきました。給食センターの人に教えてもらいながら、大豆から豆ふとおみそを作りました。苦労して一から作った大豆からできた豆ふは、とてもおいしかったです。その時から、おみそを使って作るおみそ汁がとても楽しみになりました。

そしてこの間の家庭科で、いよいよそのおみそを使ってみそ汁を作る日でした。最初に米をとぎ、煮干しでだしを取って、全部自分たちで作ったおみそを使う時がいよいよやってきました。おみそが入っているようきのふたをあけて、こうばしいにおいのおみそを見た時は、すごく感動しました。ご飯の様子は、

「少し前にためしでおにぎりを作ったけれども、今日はどうかな、上手にできているのかな。」

と思いながらふたをあけると、とてもいいにおいのご飯になっていました。手作りおみそを少量のだし汁でといて、ちょっとなめてみると、買ったおみそより、百倍おいしくて、とてもびっくりしました。それから、そのおみそをなべに入れて、ご飯とみそ汁ができあがりました。

それから、もりつけて試食をしてみたら、おみそがすごくまろやかで、

「苦労して、種から育てたかいがあったな。」

と思いました。

種から大豆を育てて、自分達で見を落として、自分達でおみそを作って、自分達の作ったおみそを使って、みそ汁を作った学校なんて、数えられるほどしかないと思うから、私達のしたことは、とてもほこりに思えます。