「おみそ」感想文コンクール

平成18年度 第14回

平成18年度 第14回

平成18年度 第14回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「みそ汁大好き」
愛媛県今治市立乃万小学校 六年 長橋采未

私の家族は、みんなおみそ汁が大好きです。だから、この本を先生からもらった時、すぐお母さんに見せてあげようと思いました。絶対に喜んでくれると思ったからです。やっぱりお母さんは、喜んでうれしそうに読んでいました。読み終えた母は私に、

「あなたは、おみそが変わるとすぐわかるのよねー。」

と、言いました。

そう思えば、母がおみそを変えた時は、父よりもお姉ちゃん達よりも、まっ先にわかりました。好きなみそ汁の味、ちょっと違う味、今まで、あまり気にしていませんでした。だから、なんとなく知りたくなって、私もこの本を読んでみる事にしました。それが、わかったんです。初めてみそには、麦、米、豆みそがある事。甘口や辛口、赤みそ白みそ。

たぶん母は、入れる食材によって、みそを変えているんだなあと思いました。みそ汁だけでなく、他の料理にも。父にもこの本を見せてあげました。すると、

「おばあちゃんも、昔は作っていたなあ。」と、なつかしそうに言っていました。本には工場で作っている工程があったけど、昔の人は、どの家庭でも作っていたそうです。

今は、スーパーに行けばいろんなみそが買えて、とても便利です。今まではそれが普通だったし、ご飯の時にみそ汁があっても、みその種類や、作られる工程、それから栄養の事なんか、考えた事もありませんでした。

だけど、この本を読んで、沢山の事を知る事ができました。母からも、みそは、みそ汁だけでなく、ドレッシングや和え物、煮物などにも使っているし、保存の調味料でもある事も教えてもらいました。

私も、これからは食べるとき、スーパーへ行ったとき、気をつけて見てみよう、味わってみようと思います。そして、大人になって、お母さんになったら、やっぱり、自分の子どもにも、いろんなおみそを使っていろんな料理をいっぱい作りたいです。