「おみそ」感想文コンクール

平成19年度 第15回

平成19年度 第15回

平成19年度 第15回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「おじいちゃんと食べた田楽」
熊本県山鹿市立大道小学校 六年 手嶋 舞夕

わたしは、みそを使った料理の楽しかった思い出があります。わたしのおじいちゃんは、よくごはんを食べに連れていってくれました。

その中でも、「田楽」を食べにつれていってくれていたことをよく覚えています。いろりをおじいちゃんとおばあちゃん、家族みんなで囲んで食べました。ふだんみそを使う料理というと、みそ汁しか思いうかびませんが、自分で思いうかべた数よりずっと、たくさんのみそを使った料理があると思いました。そのうえ、みそを使った料理は、おいしく、心も体も温まる魔法のような料理だなあ、そんなことを考えながら田楽を食べていました。

家で食べるみその料理もおいしかったけれど、それよりも、もっともっともっとおいしいようにわたしは感じました。自分の好みに合わせて、ゆずこしょうを加えたり、何種類かあるみその中で好きなみそをのせたりするのも、自分で作っているようで、さらにおいしく感じました。わたしは、まだ小さかったので、おじいちゃんやおかあさん、お父さんにやってもらうことが多かったです。そんなことから、心も体も温まる料理だと考えていたんではないかと思います。

今はもういない、おじいちゃんとの思い出深い料理です。最近は、家族で行きます。おじいちゃんがいたころよりは、あまりいきませんが、どこかなつかしさを感じながら食べています。

これからも、そんな思い出のあるみそ料理を、まだ食べたことのない料理法で食べたいなあと思いました。