「おみそ」感想文コンクール

平成19年度 第15回

平成19年度 第15回

平成19年度 第15回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「みそ」
高知県津野町立葉山小学校 六年 石川 健斗

ぼくは、おみその本を読んで、みその良さをあらためて感じました。

一つ目は、ごはんだけでは不足しがちなたんぱく質や、ビタミンなどをみそでおぎなうことができるということです。ごはんとみそ汁は、あいしょうもいいし、おいしいので、とってもいいと思います。

二つ目は、みそを使っていろんなおいしい料理を作れるということです。みそ汁もおいしいですが、「さばのみそ煮」や「なすのみそいため」もおいしいし、えいようがいっぱいあります。みそを使えばいろんな料理が作れるので、毎日みそを使った料理を食べてもあきません。

ぼくは、みそについて思い出があります。ぼくは、食べてもいないのに、みそはまずいと思いこんでしまっていました。そんなある日、給食でみそがでてきました。ぼくは、先生に、へらしてくれるようにたのみましたが、

「いけません。」

と言われました。しかたないので、いやでも食べました。すると、とってもみそがおいしかったのです。それから、ぼくはみそが好きになりました。しばらくして、ぼくは、学校でみそ汁を作りました。みそ汁を作るのは初めての体験なので、ぼくは、楽しみにしていました。ぼくは、みそ汁は好きなので、がんばって作りました。そのあと、ぼくは、その作ったみそ汁を食べました。とってもおいしかったです。