「おみそ」感想文コンクール

平成19年度 第15回

平成19年度 第15回

平成19年度 第15回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

みそ健康づくり委員会委員長賞

「みそを大切にする心」
神奈川県湘南白百合学園小学校 五年 花田 珠里

わたしの家族は皆、おみそ汁が大好きです。パンフレットを読んで、みそには良質なたんばく質やビタミン等がふくまれていて、そのたんぱく質は体を作る働きがあることを知りました。ですから、毎日の食たくにおみそ汁は欠かせない一品と考えます。

数年前に、テレビドラマの「利家とまつ」という番組を見ました。戦国時代の話で、戦に行く時に武士たちは、みそをお米で包んだみそ団子を持って出かけた場面が思い出され、わたしが小さかったにもかかわらず、みそのパワーを感じました。このように、古く昔から元気になれる食品として、大切にされてきたみそは、本当にすばらしいものであると思いました。

また、みそには大豆に加える食品のちがいによって、「豆みそ」、「麦みそ」、「米みそ」となり、たくさんの種類があることも知りました。わたしはすべてのみそを食べてみたくなりました。これを機に、わたしは我が家のみそ事情はどうなのか知りたくなり、母に聞いてみました。我が家は、米みそで甘口が好みで、赤みそをよく使っているそうです。また、種類にこだわらず、旅行へ行く度に、その地方のみそを買って楽しみます。わたしたちは信州へよく旅行するので、信州みそをよく買います。

さらに、祖父母の郷里である、新潟の越後みそは絶品と、母はわたしに宣伝してくださいました。我が家の食たくは、みそは主役ではないけれど、毎日陰で必ず応援してくれる、大切な脇役です。みそが登場しない日は、一日もありません。みその存在が分かると、おみそ汁がこんなにもおいしかったかしらと、改めて感動しました。

私たちに元気を与えてくれるみそは、いつの時代になっても受けついでいくべき伝統ある食品です。わたしも将来、おいしいおみそ汁が作れる日本人になれるように、みそを大切にする心を持ち続けていきたいと思います。