「おみそ」感想文コンクール

平成19年度 第15回

平成19年度 第15回

平成19年度 第15回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

最優秀賞

「みそ汁はすごい食べ物」
東京都足立区立渕江第一小学校 六年 望月 禎

ぼくの家では、みそ汁はかかすことのないぐらいよくのんでいます。毎日料理を作ってくれる僕のお母さんには口ぐせがあって、

「みそ汁だけでものみなさい」と、よく言います。時間がない時や、具合が悪くて食よくがない時に、その口ぐせは出てきます。そのわけは、みそ汁は早く作れてすぐのめます。また、みそ汁の中の実にはそれぞれ栄養があるので、何も食べないよりは、みそ汁をのんだほうが、少しは食事をとれるからだと言っています。

また、お母さんは、みそ汁についてもう一つ口ぐせがあり、それは、

「さみしいね、汁がないと」

とも言います。ごはんとおかずだけの時、またはスパゲッティーだけなど、一つだけの料理のメニューの時によく言い出します。そしてそのあときまってみそ汁が出てきます。

最初はお母さんが出したみそ汁を、僕は何も考えずにのんでいましたが、だんだんと自分もみそ汁がほしいと思うようになりました。

みそ汁は食事をしていてのどがつまる時にのむとのどを通すことができるし、みそ汁は色々な料理の味をもっとおいしくすると、のんでいて僕は感じました。

こう感じていた僕はこの前、家庭科でみそ汁の作り方を習いました。今までお母さんに作ってもらっていたみそ汁が、ついに自分で作れるようになってうれしいです。また、みその栄養についても勉強しました。みそは腸のそうじをしたり、骨そしょう症や胃ガンも防ぐことがわかりました。お母さんがみそ汁だけでものみなさいと言った意味がわかる気がします。みそは栄養もあって病気も防ぐ、すごい食べ物だと改めて思いました。そして、大人になってもみそ汁をのんで、健康に生きたいと思います。