「おみそ」感想文コンクール

平成20年度 第16回

平成20年度 第16回

平成20年度 第16回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「みそは常連さん」
神奈川県茅ヶ崎市立浜須賀小学校 五年 堀脇 里奈

「う?んおいしいなぁ。」
私は毎日みそ汁を飲んでいて、とてもおいしいと思います。そんなみそは、私の家でいろいろな物に使われています。兄は、きゅうりにみそを付けて 「おいしい」と言って毎日食べています。きっと少しからめのみそときゅうりが合うんだと思います。みそは、何でも合う便利な食べ物だと思いました。もっとみその事を知りたくなりました。
「私の家はどうしていつも同じ色のみそを買うの。」
お母さんに聞いてみました。
「お母さんのお母さんがこのみそを使っていて味になれているから、何となくこのみそを買うのよ。」
へぇーそうなんだぁーと私は思いました。みそには色々な種類があるけど、私のお母さんとおばあちゃんは同じものを使っていました。でもみその使い方はちがいました。私の家では、きゅうり、ラーメンに入れるけど、おばあちゃんは、しょうがやなすをみそでいためたりしています。同じみそでも料理の仕方は、それぞれの家によって色々な使い方があってとても便利だなぁと思いました。みそは、かくれている事があります。それほど、沢山の物に使われているんだと思いました。私が一番好きなみそ料理は、とん汁です。沢山の具が入っていて、汁のみそがとても合うからです。私の家族も大好きで、中身は時々変わるけど、食卓によく登場します。
「みそって食卓の主人公みたいだね!」
「ううん。常連さんだよ。」
「ふーん。それってあるのがあたりまえで、ないとさびしいってことだよね。」
「そんな感じ」
そういえばお父さんもみそ汁がないと、「今日はみそ汁ないの。」と聞くのを思い出しました。やっぱりみそは食卓の常連さんだと思いました。