「おみそ」感想文コンクール

平成20年度 第16回

平成20年度 第16回

平成20年度 第16回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「おみそ汁を作ってわかった事」
東京都八王子市立みなみ野小学校 六年 嶋田 章宏

ぼくは、おみそ汁が大好きなので、作ってみる事にしました。でも気になる事がありました。それは、お母さんとおばあちゃんが作るおみそ汁は、具やみそが同じなのに見た目や味が少しちがいます。どうしてなのか調べてみる事にしました。
まず見た目のちがいは、具の切り方や量でした。お母さんは、人参や大根はいちょう切り、油あげはたんざく切り、豆ふは1.5cm角ぐらいでネギは小口切りです。おばあちゃんは人参、大根、油あげはたんざく切りで豆ふは大きめ、小口切りのネギがたっぷり入っているので、ネギの緑色が引きたっています。
次に味ですが、おばあちゃんはだしもみそも少なめなのでうす味です。その分、具の味が引き立っているように思います。お母さんはふつうぐらいのこさだと思いますが、最後にかくし味として少しお酒を入れるのが一番のちがいです。お母さんに聞くと、お酒を入れるとうまみが増すそうです。
作り方は二人ともだいたい同じで、先にだし汁で野菜などを煮て、次に油あげや豆ふを入れて煮ます。最後にみそとネギを入れますが、みそは煮すぎると風味が悪くなるので、ひと煮立ちすれば火を止めて出き上がりです。おみそ汁は風味も大事だと分かります。
それで、ぼくは具はおばあちゃんのようにネギたっぷりにして、おみそは二人とちがうみそを使い、お母さんのようにかくし味に少しお酒を入れるみそ汁を作りました。二人とはちがったおみそ汁が出きましたが、とってもおいしかったです。
このおみそ汁作りでわかった事は、おみそ汁を作る人によって、色々なおみそ汁が出来るという事です。きっと、作る人の数だけおみそ汁の数があるのではないかと思いました。ぼくもまたちがったおみそ汁を作ってみようと思います。