「おみそ」感想文コンクール

平成20年度 第16回

平成20年度 第16回

平成20年度 第16回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

最優秀賞

「味噌汁作りでの大発見」
京都府長岡京市立長岡第九小学校 五年 藤原 はるか

わたしは、この前、学校で味噌汁を食べました。
その味噌汁の具が、かぼちゃやたまねぎなどが入っていましたわたしは、かぼちゃとたまねぎは、合うのかなと思っていたけど、思ったよりもおいしかったです。 夏野菜の味噌いためは、なすやひき肉が入っていました。でも、見た目は、おいしそうではありませんでした。
そして、なすを一口入れてみると、とってもおいしかったです。わたしは、あまりおいしそうではないものがあると、残してしまうことがあったけど、見た目がおいしそうではなくても、思いきって食べようと思いました。
わたしは、味噌のことを、もっと知りたいと思いました。 すると、先生が味噌の本を出してくれたので、みんな(クラスの)で読みました。 するとそこには、色々な味噌を使った料理がのっていました。 わたしは、一番びっくりしたのは、スイカの白いところや納豆などを、味噌汁に使っていたからです。でも、わたしは食べる気には、なれませんでした。
わたしは、この本を読んで初めて知ったことがたくさんあります。
それは、食品を長持ちさせるということです。だからわたしは、味噌の合う食べ物には、味噌を使って食品を長持ちさせたいと思いました。 また、生ぐささを消すということです。魚は生ぐさいにおいがするので、味噌をつけることで、その生ぐさいにおいが消えて、味噌のいいにおいになるのです。 わたしは、味噌を食べることで、がんの予防になると知って、もっと味噌を食べようと思いました。
その次の日に、味噌汁を作りました。 その具は、じゃがいもとたまねぎでした。 昆布でだしをとった時に、昆布がふくらんだので、びっくりしました。でも、面白かったです。 その後、だしが出てくると、具を入れました。そして、一番大切な味噌を入れて、できました。 わたしは、味噌汁を作るのは、もっと簡単だと思っていたけど、とってもむずかしかったです。母や祖母は、いつも味噌汁を簡単そうに作っていたので、すごいと思いました。
わたしは、味噌汁の勉強をして、色々な野菜や魚に味噌が合うのだということが分かりました。わたしは、赤みそや白みそが一番好きなので、また、色々な味噌を使った料理を食べたいと思いました。