「おみそ」感想文コンクール

平成22年度 第18回

平成22年度 第18回

平成22年度 第18回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

最優秀賞

「ぼくが作ったみそ汁」
埼玉県熊谷市立妻沼小学校 五年 清水 旭

「今日は、ぼくがみそ汁を作るよ。」
こんなふうに、ときどきぼくは、自分でみそ汁を作ることがあります。ぼくの好きなみそ汁の実は、とうふとわかめ、もやしと油あげ、大根と油あげなどです。この間は、もやしと油あげで作りました。

まず、水を入れたなべを火にかけます。次はもやしを洗って、水をきります。その次に油あげを食べやすい大きさに切ります。この油あげをなべに入れてだしのもとも入れます。そのあともやしを入れたら、すぐみそをおたまにすくってなべの中でとかします。あまりにすぎないうちに、火をとめます。

最後にあじみをします。小さい皿に一口分のみそ汁を入れてのみます。とてもおいしかったです。できたてはとくにおいしいです。みそのかおりが口に広がります。

夕ごはんの時に、
「今日のみそ汁ぼくが作ったんだよ。」
と言うと、お父さんは、
「上手に出来たね。うまいよ。」
と言ってくれました。お姉ちゃんは、
「おいしい。」
と言ってくれました。ぼくは、作ってよかったなと思いました。

「おみそ」の本を読んだら、みそには、米みそ、麦みそ、豆みその三種類があって地域によってよく使っているみそがことなることが分かりました。ぼくの家では米みそをよく使っています。ほかのみそで、みそ汁を作ったらどんな味なのかためしてみたくなりました。

レストランなどで食べる食事もぼくは好きですが、家で食べるごはんやみそ汁がぼくは一番好きです。これからもいろんな実を入れたみそ汁をくふうして、作っていきたいと思います。