「おみそ」感想文コンクール

平成23年度 第19回

平成23年度 第19回

平成23年度 第19回小学校家庭科副読本
『おみそ調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「おみその思い出」
千葉県習志野市立大久保小学校  五年 中島 悠里

私はおみその本を読んで色々なおみその種類がたくさんあるのを知りました。私の家では麦みそでおみそ汁などをつくっているのでおみその本を読んで、たくさんのおみそがあることが知れてよかったです。

私の家族は宮崎県でうまれたので、よく冷や汁をつくります。冷や汁は、焼いたみそを使います。ふつうのみそだと香りは出ませんが、少しこがしたみそならこうばしい香りが出て、同じみそなのに、一てまくわえるだけで味や香りがちがってくるのはすごいなと思いました。おみそは、外国の人にも食べてほしいし、これからも日本人の手でつくりつづけてもらえればいいなと考えています。

私はおみその本をよんで、おみそをつかった料理をもっとつくってみたいし、調べて、オリジナルのみそ料理をつくりだしてみたいです。たとえば、外国の人でも食べやすいように、洋食とおみそをあわせた料理をつくったり、日本に観光しに来てくれた人達に食べてもらえるような和食にしてみたり、おみそが苦手な人にでも食べられるようなバリエーションほうふな料理をつくってみたいです。

私の母がよくつくってくれるみそ料理は、肉のみそいためです。みそいためだと、みそにこげめがついて、こうばしくなり、とてもいい香りになるからです。

私がおみそのことできょうみをもったことは、おみそには色々な食べ方があるということです。おみそ汁は、いれる具によって味がちがってくるし、いためものでも、みそをこがしたのとこがしてないものでは味がちがうので、不思議におもいました。これからはおみその料理をたくさんつくって、けんきゅうしたいです。