「おみそ」感想文コンクール

平成24年度 第20回

平成24年度 第20回

平成24年度 第20回小学校家庭科副読本
『おみそ 調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

文部科学大臣賞

「みその栄養」
茨城県ひたちなか市立佐野小学校  五年  高須 優希

ぼくは、みそ汁が大好きです。それは、みそ汁を食べると体が温まり、ほっこりした気持ちになるからです。今度、家庭科の授業でみそ汁を作ることになりました。

みそ汁は、かまくら時代から作られるようになり、人々がみそ汁を食べるようになったのは、室町時代になってからだそうです。そして、戦国時代には大切な栄養げんとして、戦国大名がみそ作りに力を入れたということです。ぼくが生まれるずっと前から食べられていたみそ汁は、すごいなと思いました。

そこで、みそ汁に必要なみそについてもっと知りたいと思い、みその栄養を調べてみました。すると、次のことが分かりました。

みそは、「医者いらず」とよばれるほど、健康効果の高い機能性食品で、みその代表的な効果をあげると、がん予防、コレステロールのよくせい、消化そく進、整腸作用、胃かいようの予防、美容効果、脳の活性化、老化防止等があるそうです。

ぼくの父は、よくコレステロール値が高いと言っていて、母は、年れいのことやシワのことを気にしているので、もってこいの食品だと思いました。

さらに、たんぱく質や必須アミノさん、サポニン、ビタミン群、カリウム、カルシウムや、食物せんい等さまざまな栄養そが豊ふにふくまれています。これらの栄養そは、塩分が体内にきゅうしゅうされるのを防ぎ、また塩分のはい出をうながす作用があり、さらに健康効果を高めることになります。このように、みそにはたくさんの栄養そが入っていて、体にとても大切なことが分かりました。

今までは、ただ美味しいだけで食べていたみそ汁に、このような効果があると分かってびっくりしました。そして、ますますみそ汁が好きになりました。これからも、今まで以上にたくさんみそ汁を食べて、健康でじょうぶな体になるように努めたいと思います