「おみそ」感想文コンクール

平成24年度 第20回

平成24年度 第20回

平成24年度 第20回小学校家庭科副読本
『おみそ 調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「おみそを読んで」
東京都日野市立滝合小学校  六年  佐藤 透子

 私は、おみそのパンフレットを読んで、おみその作り方から世界のおみそまで学びました。でも、パンフレットを読んでいくつか疑問に思ったことがあったので自分で調べてみました。

 まず一つ目にみその原料で色が変わるのか疑問に思いました。そして調べてみたら、赤味噌と白味噌の原料に違いはないとでてきて
「じゃあ何が違うんだろう。」
ともう一つ疑問が出てきました。また調べてみました。すると赤味噌は大豆を蒸して作り、白味噌はゆでて作るというので
「なるほどなぁ。」
と思いました。そしてたんぱく質やアミノ酸の変化によって色が変わってくることを知りました。なので大豆は蒸したりゆでたりすることでいろいろな味噌に変わることを学びました。

 もう一つ疑問を持ちました。
それは世界の味噌は辛い味噌や甘い味噌があるけれど、原料は同じなのかです。私の考えは、原料が違うと思いました。味が違うなら、なにか、味を変えるものを入れてると思ったからです。この疑問も調べてみました。私は、韓国の味噌コチュジャンについて調べてみました。するとコチュジャンの主な原料はとうがらし粉、大豆こうじ、もち米粉、塩ということが分かりました。このことから日本と韓国の味噌の原料が違うことが分かりました。

 私は味噌を使った料理を食べるとき、何も考えずに食べていたので、これからは、パンフレットで学んだことや、調べたことなどを思いうかべながら食べたいと思いました。