「おみそ」感想文コンクール

平成24年度 第20回

平成24年度 第20回

平成24年度 第20回小学校家庭科副読本
『おみそ 調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「味そ好きの自分」
三重県三重郡川越町立川越北小学校  六年  加藤 啓祐

 僕の家では毎日といっていいほど白めしと味そしるが出てきます。家ではだいたい赤みそを使った味そしるが出てきます。なぜならお父さんと僕がとても大好きだからです。でも赤味そばっかじゃあきちゃうので時々お母さんにたのんであわせみそを使った味そしるも出てきます。僕はどっちが好きかというとあわせ味その方です。だから毎日お父さんとどっちにするかいい合ってます。言い合って負けても味そしるはどっちもおいしいからいいです。みその種類は他にも白味そ・米味そ・麦味そ・豆味そなどがあります。なぜ僕がこのみその種類を知っているかというと家庭の時間に先生が教えてくれたからです。その家庭の時間に米味そ・麦味そ・豆味そを試食してみて思ったことは米味そはほんのり甘くて子供にはちょうどいいか
なぁと思いました。麦味そはちょっとうすめの味でご老人の方々にはちょうどいいかなぁと思いました。豆味そは赤みそに味が似ていてぼくはこれが一番好きな味でした。ほかにも家庭の時間に知ったのは地方によって味その種類が違うということです。例えば名古屋の方は赤味そ、四国の方は麦味そなどといったことがあるなんて初めて知りました。僕は他にもお味そを使った料理が大好きです。特にきゅうりを味そにつけて食べるやつです。あのシャキシャキとした食かんと甘い味そが口の中でとけてとてもおいしいからです。あとお味そは大豆から作ったりして長い年月をかけていると知ったのでこれからは味そを作った人に感謝の気持ちを込めて残さずきれいに食べたいと思います。