「おみそ」感想文コンクール

平成24年度 第20回

平成24年度 第20回

平成24年度 第20回小学校家庭科副読本
『おみそ 調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「私たちの周りには、みそ料理がいっぱい」
鹿児島県出水市立米ノ津東小学校  五年  秋永 紗英

 私たちの周りには、みそ料理がたくさんある。例えば、みそ汁、さばのみそに、なすのみそいためなどだ。私が一番好きなみそ料理は、さばのみそにだ。理由は、さばがやわらかくて、味が中までしみこんでいておいしいからだ。だから、もう少し大きくなったらお母さんと一緒にさばのみそにや、みそ汁などを作ってみたいと思う。

 みそには、いろいろな種類がある。例えば、赤みそやしろみそやあわせみそなどだ。私のお母さんは、あわせみそを使っている。お母さんの作るみそ汁は、とってもおいしくて味がちょうどいい。私も大人になったら、自分の子どもやお母さんにみそ汁を作ってあげたい。

 日本全国では、いろいろなみそ料理がある。北海道には、いしかりなべ、青森県には貝焼きみそ、千葉県にはなめろう、新潟県にはわっぱになどがある。私は、全国のみそ料理を全部食べてみたいと思う。特に一番食べたいのは、中部地方のごへいもちだ。副読本の写真では、みその味がして、とてもおいしそうだったからだ。

 初めて分かった事がある。それは、枝豆になっても、しゅうかくしないでいるとみその材料、だいずになることだ。みそは、だいずと塩と米こうじで出来ている事も分かった。材料と作り方が分かったので、お母さんにみその作り方を教えて、一緒に作りたいと思う。

 これからも、みそ料理をたくさん食べて、みその味をよりみんなより分かるようにしたい。