「おみそ」感想文コンクール

平成24年度 第20回

平成24年度 第20回

平成24年度 第20回小学校家庭科副読本
『おみそ 調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

優秀賞

「私たちの生活にかかせない「みそ」」
埼玉県春日部市立宮川小学校  六年  髙橋 歩

 私の家は、毎朝みそ汁を食べています。みそ汁には豆ふ、わかめ、あさり、大根、油あげ、冬になるとじゃがいもやこんにゃくやなめこを入れたりします。私はみそ汁が大好きです。みそはおいしいし、具もおいしいので、残すことはめったにありません。

 私は、みそ料理といえばみそ汁ぐらいしか知りません。でも、みそに関することが書いてあるこの本を読むと、みそ汁以外にもみそ料理があることが分かりました。五ページのさばのみそ煮、魚の西京づけ、肉のみそづけは食べたことがあります。特に、肉のみそづけは甘辛くて大好きです。六ページの「みそ料理お国じまん」というコーナーで紹介されている、「金山寺みそ」は食べたことがあります。写真にもあるように、きゅうりにつけて食べるとおいしいです。みそ汁に多く使われているみそとはちがって、つぶつぶしてなめらかな食感が面白いです。ここを読んで、みそ料理や、みその種類にはいろいろなものがあると分かりました。写真を見ると、どれもおいしそうなので、食べたくなってしまいます。

 十二・十三ページの「みその歴史」の、徳川家康が長生きした秘密がみそだったという話は面白かったです。みそ汁は、健康にもよく、大切な栄養源であることが分かり、そして、昔の人も私たちと同じようにみそ汁を食べていたのかと思うと、何だか不思議な気がしました。

 私たちがいつも食べている「みそ」この本を読んで、私はみそに対する知識が足りなかったんだなと感じます。この本を読んでみそを食べる大切さがよく分かってので、これまでよりもずっと大切に、「みそ」を食べていきたいです。