「おみそ」感想文コンクール

平成25年度 第21回

平成25年度 第21回

平成25年度 第21回小学校家庭科副読本
『おみそ 調べてみよう!食べてみよう!』読後感想文コンクール入賞者発表

最優秀賞

「おみそ」
高知県高知市立一ツ橋小学校  五年   市川 ひまり

私は「おみそ」を読んで分かったことがあります。
 それは、みそ汁が健康にいいということです。みそ汁を食べると、しっかりエネルギーがとれて脳のはたらきも良くなり、体の老化を防ぐ効果があることがわかりました。みそ汁には原料の大豆にたんぱく質が豊富にふくまれていて、野菜からビタミン類もとれています。
 私たちの成長には欠かせない栄養素がいっぱいあるので、みそ汁は欠かせない食べ物だと思いました。
 私はみそ汁に興味を持ち、お盆で香川に帰省した時におばあちゃんと一緒にみそ汁を作ってみることにしました。
 まず最初に、みそ汁に何を入れるかを考えました。夏だから夏野菜を入れてみようという事になりました。
 次にだしをとりました。香川のだしは、いりこです。
 その次に具の野菜を切りました。ナス、ニンジン、カボチャ、玉ねぎ、大根を切りました。ニンジンはすごく固くて切りにくかったので、おばあちゃんに
「手を切ったらいかんよ。」
と言われました。
 だしを取ったなべに、かたい野菜から入れていきました。入れる時、あつくてポーンと入れてしまいました。みそ汁は、かん単にできるのかと思ったら案外むずかしくて、びっくりしました。
 とうふを入れる時は、おばあちゃんに切ってもらいました。とうふを手にのせて切っていました。私が
「どうして手を切らずにとうふを切れるの。」
と聞くと、
「やさしく包丁をおしているからだよ。」
と言いました。私はぜったい手にのせてとうふを切るのはできないと思いました。
最後におみそを入れました。おみそは、米みその赤です。上手にといて入れる事ができました。
みんなでみそ汁を食べました。自分で作ったみそ汁は、ふだん食べているみそ汁よりおいしく感じました。
おじいちゃんやおばあちゃんも、
「ひまりの作ったみそ汁はおいしいのう。」
と言ってくれました。
今度はどんな具を入れてみようかな。おみそは白みそにしてみようかな。色々、頭にうかんできます。
みそ汁は栄養たっぷりで、みんなを元気にできる料理だと思いました。
また明日も作ってみようと思います。