「第59回 全国味噌鑑評会」表彰式

日本全国から選ばれた味噌407点の中から
“日本一の味噌”が決定「第59回 全国味噌鑑評会」表彰式

imagezyusyou

平成25年12月に、“和食”が国連教育科学文化機関(ユネスコ)無形文化遺産に登録されて以降、1300年以上前から日本に根付く伝統食である味噌にも国内外からよりいっそうの関心が高まっています。
一般社団法人中央味噌研究所(所在地:東京都中央区)では、毎年その年の“日本一の味噌”(農林水産大臣賞受賞味噌)を決定する「鑑評会」を行っており、10月25日(火)、26日(水)に今年の審査会を実施いたしました。
この「鑑評会」は、味噌の品質と技術の向上を目指すことを目的に始めたもので、今年で59回目となり、今回も個性あふれる全国の力作味噌407品が出品されました。
審査会では、全国の味噌の官能に優れた技術者や研究者で構成する審査員が、色、香り、味、組成のそれぞれについて総合的に採点し、農林水産大臣賞、食料産業局長賞、他各賞を決定いたしました。
つきましては、11月17日(木)15:00から受賞者出席のもと、鉄鋼会館で「第59回全国味噌鑑評会」の表彰式を開催されました。

co7r1215_r1

なお、当日の動画・受賞者インタビューはmiso tubeにて配信しております。
http://www.miso.or.jp/misotube/