みそ料理レシピ

カテゴリー

ひんやりパンプキンみそスープ


エネルギー 生クリームで256Kcal 牛乳で165Kcal
食塩相当量 1.4g
※1個分の値です。
4人分
かぼちゃ(わたと皮をとり除く) 300g
たまねぎ 1/2個(約100g)
バター 30g
3カップ(600ml)
固形ブイヨン 1個
みそ 25g
こしょう 適量
生クリーム(牛乳でも可) 1/2カップ(100ml)
ハーブ類(お好みで)
  • たまねぎは繊維に直角のせん切りにする。かぼちゃはくし形に切ってから5mmの厚さに切る。
  • 鍋にバターを熱し、たまねぎを弱火で10分ほどじっくり炒める。
  • たまねぎがしんなりして透き通ってきたら、かぼちゃを入れてさらに1~2分炒める。
  • 水、固形ブイヨンを加え、強火にする。沸騰したら火を弱め、かぼちゃが崩れるくらい柔らかくなるまで煮る。
  • みそを溶き入れてこしょうをし、鍋の中でかぼちゃをつぶし、ざるなどで裏ごしをして滑らかにする。※ミキサーを使ってもよい。
  • [5] をボールなどに移す。ひとまわり大きいボールに水を入れて、スープの入ったボールを浮かせるようにし、混ぜながら冷やしていく。※途中、何回か水をかえる。氷水にすると早く冷める。
  • 室温程度に冷めたら生クリームを加え、ラップをかけて冷蔵庫に入れ、さらに冷たく冷やす。
  • 器に注いで好みでの生クリーム(分量外)を加える。お好みで、ハーブを浮かべてもよい。
  • じゃがいもで作るヴィシソワーズのかぼちゃ版。水分、ビタミンA、ビタミンEがとれて、しかも消化がよいので高齢者や子どもにもピッタリのレシピです。冷蔵庫で冷やせばクールダウン系の夏のスープに最適です。
    <ワンポイントアドバイス>
    暑い夏には、スルっと喉を通るこんなスープがごちそう。かぼちゃは均一になめらかにしなくても構いません。また皮ごと調理すれば、食物繊維がより多くとれます。生クリームを牛乳にかえるとサラッとした味わいで、子どもや高齢者の水分補給に適したスープになります。かぼちゃの他に、じゃがいもやさつまいも、にんじん、カリフラワーなどで作っても美味しいです。小分けにして冷凍保存も可能です。