みそ料理レシピ

カテゴリー

さんまのポーポー焼き(さんまの叩きのみそグリル)


エネルギー 385Kcal
食塩相当量 2.0g
※1人分の値です。
(2人分)
生さんま 2尾
大さじ2
長ねぎ 10cm
しょうが 少1片
みそ 大さじ1.5
粉さんしょう 少々
白ごま 大さじ1
万能ねぎ、青しそ 少々
アルミホイル、クッキングシート
  • さんまを三枚におろし、皮をむいて酒をふりかける。2~3分置いたら水気を拭いて粗く刻む。小口切りの長葱、千切りのしょうが、みそを加えて包丁で叩き、よく混ぜる。
  • アルミホイルにクッキングシートを重ね、[1]のさんまをのせて広げる。
    切り分けやすいように四角に筋目を入れて置く。
  • 全体に粉さんしょう少量とごまをふりかけ、グリル、又はオーブントースターに入れ、表面がこんがりするまで焼く。
    仕上がりに万能ねぎの小口切りと青しその千切りを散らしのせ、熱々を切り分けて食べる。
  • 福島県浜通りの郷土料理で、元々は船上で漁師たちが作った料理とされ、まな板の上でさんまを叩き、その上に真っ赤に焼いた炭をのせて作った料理。
    現在ではハンバーグ状にしてフライパンで焼くことが多い。 

    レシピ:橋本ヨシイ