季節のおすすめみそ料理

みそ味でお弁当のおかず

新入学、新社会人のシーズンで、社会全体がフレッシュな空気に包まれて心躍る季節です。しかしながら、この時期は「お弁当作り1年生」という方も多いのでは。そんな時にも万能調味料のみそは大活躍、心強い味方です。肉や魚、野菜の漬け床や、タレに加えるなど多くのバリエーションで風味豊かな、健康的なおかずができます。
朝、手早く作るポイントは前日に夕食の準備のついでに下ごしらえすること。とくに、肉や魚を漬ける、合わせみそダレを作っておくなどすると、手早くできます。また、オーブントースターや電子レンジなどの利用や小サイズのフライパン等を用意するのもコツです。

料理栄養計算&アドバイス 橋本ヨシイ

ミニミニサーモンバーグ

魚はお弁当に敬遠されがちですが、このおかずなら大丈夫!みそ風味で作るので風味豊かに仕上がります。叩いたさけの中にみそと片栗粉、酒が入るので柔らかく、冷めても美味しく食べられます。 合わせみそダレは多めに作って瓶に入れ、冷蔵しておけば様々な料理に使えます。

  • エネルギー 172Kcal
  • 食塩相当量 1.1g

※一人分の値

鶏そぼろ(みそ風味)

お弁当のおかずの中で、やはり人気があるのは“鶏そぼろ“。このそぼろにみそを加えて作ってみましょう。優しく、まろやかな風味になります。多めにできるので、小瓶に移して冷凍しましょう。

  • エネルギー 549Kcal
  • 食塩相当量 5.6g

※全量分の数値

豚肉の風味みそ焼き

中高生、若い人におすすめのおかずです。前の晩に漬けておけば、朝起きてオーブントースターで焼くだけというのもラクちんおかずです。
マヨネーズとみそでお肉が柔らかくなり、カレー粉とみその風味が冷めても美味しく食べられます。
にんにくの代わりにしょうがでも美味しくできます。

  • エネルギー 366Kcal
  • 食塩相当量 2.1g

※一人分の値

根菜のきんぴら・豆みそ風味

サイドメニューとして一般的なきんぴらも、豆みそを加えて作ると風味豊かなきんぴらになります。多めにできるので冷蔵しておけば、普段のあと一品欲しい時にも役立ちます。

  • エネルギー 431Kcal
  • 食塩相当量 5.1g

※全量分の数値

深川飯みそ風味

旬のあさりでご飯を炊いてお弁当に入れてみましょう。あさりは砂抜き後、よく洗ってジップ式の袋で冷凍しておけば、朝起きてすぐに作れます。しょうがもたっぷり入り、みそ風味で炊くので、冷めても美味しく食べられます。

  • エネルギー 308Kcal
  • 食塩相当量 1.4g

※一人分の値